家庭用のキャビテーションマシン

37歳になり体が重力には逆らえなくなり下がったヒップとその下がったお尻たちが太ももに流れ太くなってしまい、お尻から太ももにかけただけポリュームができ、自力でのダイエットには限界を感じプロの手を借りて脚痩せする事にしました。

まず始めに試したのがキャビテーションです。脂肪を溶かしその後ハンドで流してもらうというもので確かにスッキリするのですが持続力がなく1~2週間に1回通わなくてはなりません。まだ子供が小さくそんなに頻繁には通えないので、もっと効率的なものはないかと探していてHIFUに出会いました。1回の単価はキャビテーションよりお高いですが、HIFUは月に1度通えばいいので総額で考えたら同じからかなと思います。HIFUは施術した箇所の脂肪を体の外に排出するのでリバウンドの心配がありません。

キャビテーションと違って施術後すぐスッキリするといった効果はないのですが、時間をかけて脂肪を老廃物と一緒に体から出してくれるので1週間後、2週間後の方が足が細くなります。施術時間も太もも裏側両足で20分程度その後ハンドで流すので、あまり時間の取れない忙しい方にもオススメです。今は相乗効果があればと思いHIFUとキャビテーション両方通っていますが、HIFUの方が確実に脂肪を落としてくれる効果を実感できます。

さらにおすすめなのが、自宅でもキャビテーションの機械を使ってセルフケアすることです。

家庭用のキャビテーションマシンは出力が弱いから効果がないという口コミもあるようですが、私に言わせれば、全く効果がないことはありません。

もちろん高価なものほど周波数が業務用のものに近づくので、効果も出るのですが、自宅用でセルフケアであれば、ヤーマンのキャビスパでも十分だと思います。

キャビスパexの口コミを見ると、全く効果がないという人のほうが少ないと思いますよ。

5万もする機械が全く効果がないというのは考えられないことでもありますし、販売元のヤーマンは特許を沢山所持している会社だというのはあまり知られていませんが、他の安いキャビテーションマシンは買ってももったいないですが、キャビスパはいいと思います。